自慢話する男が疲れるウザい!への対策方法

自慢話好きですか?

僕は好きです。

確かに、

  • 上司に自慢話されると疲れる・・・
  • 自慢話する彼氏ウザい・・・
  • 男ってなんですぐ自慢話するの?しつこいなぁ・・・

とネガティブなイメージがあるかと思います。

その気持、よく分かります。

 

僕も10代の頃はずっと思っていたので。

特に、中学高校の先生がずっと話していると、
「授業はどうなったん?センター試験前なんだけど・・・」
と、そっちの受験戦争・受験競争への不安で、
自慢話ウザいなぁと思っていました。

しかし、大人になって、冷静に考えると、
自慢話=その人の生きた証=実績=成功ノウハウじゃん!
と、気付きました。

 

それ以降、自慢話が始まったら、
いつ?
どこで?
誰が?
何を?
なぜ?
どうやって?
で、5W1Hを聞き出します。

仮に、今はその成功ノウハウが全く関係なくて、全く必要なくても、
いつかは役に立つ!と信じて聞くようにしています。

 

確かに、質問のやり方によっては、逆にウザいと思われちゃいます。

しかし、そこは自慢話をしている人の空気を読みながら質問することで、気持ちよくペラペラしゃべってもらえるのです。

「すごいですね~!」
と、キャバ嬢になった気分で、相づちを打つことがコツです(笑)

「その場にいる限り、いかに無駄な話を無駄にさせないか?」
が有意義な時間の過ごし方だとも思います。

 

例えば、僕は、鮭頭の販売を今プロデュース中です。

一般的に、鮭頭は破棄されてしまうんですね。

しかし、きちんと料理すれば、美味しいし、栄養満点だし、破棄されずに地球環境にも良いのです。

本当に破棄されるのはもったいないです。

毎年10万トン~20万トン破棄されちゃうのです。

破棄するにも莫大なお金もかかりますしね。

でも、鮭頭なりに価値がとてもあるのです。

一見、一般的には破棄でも、見方を変えれば宝に変わるのです。

石っころも、キレイに磨けばダイヤになるみたいな。

 

ということで、
自慢話=無駄=ウザい=疲れる
というよりは、
自慢話=実績=成功ノウハウの宝庫=いつか役立つ
と考えた方が、有意義な時間を過ごせると思います。

ぜひ、このような考え方の切替えをやってみると、
楽しい時間を過ごせるようになるので、お勧めです!

ABOUTこの記事をかいた人

コンサルタント型ビジネスをする個人起業家の売上げアップを全力支援する
株式会社WebSanta 代表取締役

 

幼少期、何も誇れる能力も無く、自分に自信が無い日々を過ごす。

小中高校時代、父の3億の借金、生死をさまよう交通事故、大火傷、彼女の死にも遭う。

それらをキッカケに「たった一度の人生、悔いなく生きたい!」と心に決める。

しかし、大学時代、バレンタインデーに当時の彼女にフラれ、自殺しようと銃社会アメリカに渡るもシリコンバレーのIT革命に魅せられ帰国。

 

ケンブリッジ大学語学留学、東京理科大学経営学部経営学科、すごい起業塾、ビジネスコンテスト優勝を経て、株式会社WebSantaを設立。

総額600万円の詐欺やうつ病に遭いながらも、起業12年・相談1000人・サイト制作100件・セミナー100回・総売上3億に貢献。

 

使命は「起業家に未来を届ける」

ビジョンは「Webマーケティングで起業家のビジネスを革新させる」

夢は「悲しい倒産を無くす」こと。