【警告】歩きスマホは最悪死ぬ!?歩きスマホとチャリスマホで死にかけた話。スマホ画面に過集中で歩きスマホや自転車スマホは事故って最悪死にます。

僕は歩きスマホで三度死にかけています。

仏の顔も三度までってことで、もうしません!

本当に。

今回で懲りました。

もうしません。

なぜなら、よく考えたら、いや、よく考えなくても、事故って最悪死ぬからです。

それに、歩きスマホに過集中してしまって、スマホから目を上げたら視力がぼや~っとボヤケてしまうのです。

つまり、それだけ視力が低下します。

さらに言えば、スマホ歩き後、首が痛くなります。

あと、たまに酔った気分になります。

お酒は好きなので、気持ち良い酔いなら大歓迎ですw

しかし、乗り物酔いのような気持ち悪い吐き気がたまに来ます。

つまり、歩きスマホで過集中になると、

  • 事故って死ぬ、
  • 視力低下、
  • 首痛い、
  • 乗り物酔いな気分

などと、デメリット(悪い点)だらけです。

 

確かに、メリット(良い点)は、

  • Googleマップで目的地にたどり着けること。
  • ポケモンGOでレアモンスターをGETできること。
  • 時間短縮になること。
  • 暇つぶしになること。
  • 楽しめること。

などがメリットです。

しかし、GoogleマップやポケモンGOは、ずっと見なくても良いし、スマホをどうしても見たい時は道の横に停まってから、見るべきですよね。

そして、スマホ画面をチェックしたら、また歩く。

こうしないと、最悪事故って死にます。

あと、暇つぶしや楽しみは、いつでもきるし、緊急性は低いし、歩きスマホよりも、まだイヤホンで音楽やオーディオブック聞いていた方がマシですよね。
危険度もまだ歩きスマホよりは低いです。

それにもかかわらず、僕は歩きスマホを止められなかったのです。

今考えれば、スマホ中毒だったのかもしれません。

そのようなデメリットとメリットを考えて、デメリットの方が圧倒的に高いので、今では本当に歩きスマホは止めています

 

僕の歩きスマホで死にかけた話ですが、3つあります。

1つ目は、東京の人形町の交差点にて、歩きスマホしていたら、静か過ぎる車プリウスが突然出てきて、あと1センチ近かったら、ひかれていました。

 

2つ目は、札幌新川のドン・キホーテの駐車場で、歩きスマホしていたら、突然走り屋の車?が駐車場にもかかわらず、すごいスピードで走り去って行きました。

あれも、あと1秒歩くのが早かったら完全にひかれてましたね。

 

3つ目は、ポケモンGO。

ポケモンGO

歩きスマホでは無いのですが、ポケモンGO全盛期の時に、札幌中島公園で自転車(チャリ)のロードバイクにスマホを装着して、ポケ狩りしていました。

ポケモンGOで、その当時はポケモン出現マップアプリがありまして、「ポケモンがあと1分後に消滅します」と表示されたもんだから、そのロードバイクで一般的なママチャリの3倍くらいのスピードで走っていました。

もう夕暮れ時でした。

その時、スマホに気を取られていて、コンクリートの段差に気付かず、段差にバンっ!!!と前タイヤがぶつかり、気付けば意味がわからないまま空中に舞っていました。

ほんで、そのまま地面に全身叩きつけられて、1分起き上がれませんでした。

頭の意識はハッキリしていて起き上がりたいけど、身体が不思議なことに言うことが聞かない状態です。

僕は高校時代から大学時代まで、ボクシングしていたので、よくわかるのですが、まさにあのパンチくらったダウンシーンと同じ感覚でした。

ようやく起き上がって、ロードバイクを見たら、前輪が中央寄せにぐにゃっと曲がっていました。

タイヤももちろんパンクです。

このように、スマホ画面に過集中して歩いたり、自転車(チャリ)に乗ったら事故って、最悪死にます

それ以来、スマホに過集中する怖さを知って、それ以降、よほど緊急じゃない限りは、歩きながらや自転車(チャリ)乗りながらのスマホを過度に見るのは止めています。

 

ビジネスマンは、歩いている時でも仕事していたい気持ちは分かります。

時間短縮になり、効率的にもなりますからね。

このグローバル競争激化の中で不安なのも分かります。

成長意欲が高いので、スマホでノウハウを仕入れて賢くなりたいのも分かります。

しかし、

  • 事故って死ぬ、
  • 視力低下、
  • 首痛い、
  • 乗り物酔いな気分

になってしまっては、元も子もありません。

医療費もかかるし、持病にもなるかもだし、入院になるかもしれません。

とにかく、メリットよりも、圧倒的にデメリットの方が大きいのです。

 

しつこい電話やアラームが鳴ってしまった時のみ、パッと見て3秒以内で止めるようにはしています。

どうしてもスマホを長く見たい時は、道の横に停まったり、椅子に座ったりして、対応しましょう!


ABOUTこの記事をかいた人

コンサルタント型ビジネスをする個人起業家の売上げアップを全力支援する
株式会社WebSanta 代表取締役

 

幼少期、何も誇れる能力も無く、自分に自信が無い日々を過ごす。

小中高校時代、父の3億の借金、生死をさまよう交通事故、大火傷、彼女の死にも遭う。

それらをキッカケに「たった一度の人生、悔いなく生きたい!」と心に決める。

しかし、大学時代、バレンタインデーに当時の彼女にフラれ、自殺しようと銃社会アメリカに渡るもシリコンバレーのIT革命に魅せられ帰国。

 

ケンブリッジ大学語学留学、東京理科大学経営学部経営学科、すごい起業塾、ビジネスコンテスト優勝を経て、株式会社WebSantaを設立。

総額600万円の詐欺やうつ病に遭いながらも、起業12年・相談1000人・サイト制作100件・セミナー100回・総売上3億に貢献。

 

使命は「起業家に未来を届ける」

ビジョンは「Webマーケティングで起業家のビジネスを革新させる」

夢は「悲しい倒産を無くす」こと。